2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

« 週末のアルモンテ「夜のお食事会」はいかがですか? | トップページ | 今日はまったり♪ »

2011年10月22日 (土)

夜のお食事会ありがとうございました^^)/ & ラルドの話

朝からの大雨でどうなることかと心配していましたが、夕方には晴れ間も見え、警報も解除になり良かったです。

夜のお食事会10月編は、日本であまり流通していないイタリアの食材を食べていただきたいー!!

ということで、、、、

本日は、数あるイベントの中、アルモンテにお越しいただきありがとうございました。

今回は参加者は6名で、アットホームな感じで、私も、メインのお料理をお出しした後、席でゆっくり、皆様の楽しい会話のお仲間入りをさせていただきました。

今回も、まったく初めての方同士が、それぞれの分野や、出身地や、あれやこれやと情報交換ができて、女子はすごい!! 場の適応能力にたけてると実感したのでした。

黒一点のお父さん、ジャム作りもされるそうで、、、

楽しいお話をありがとうございました。

Dsc02616

今回はお酒の消費はちょっと控えめ。ビールは写ってないけど・・。

皆様ありがとうございました。

     happy01    heart02    happy01

ここから、今日の食材「ラルド・コロンナータ」の話。

イタリアのおいしい旅(著池田律子)から抜粋

イタリアトスカーナ州の、標高520㍍のところに、大理石の石切場があり、かのミケランジェロも採掘したそう。

ここで暮らす石工の仕事は重労働で命がけ。夏はカンカン照り、冬は寒風ふきすさぶ。

昔の石工の生活は貧しく、耕す土地もなく、少しの野菜とパンが生きる糧だった。唯一の家畜は栗林に放し飼いの豚。

その豚を餌がなくなる冬の前に屠り、その背脂を塩と野生のローズマリーで塩蔵したのがラルド・コロンナータの始まり。(コロンナータは地名)

今のようにエレガントな味になったのは、石探しに通ったグルメな彫刻家や建築家のお陰らしい。

塩蔵の桶は大理石。水分を漏らさないガラス成分が多いこの土地の大理石しか適さないそう。

この村で石工の食料として代々受け継がれてきたが、数年前に様々な理由から作られなくなり、絶滅の危機に。

イタリア発祥のスローフード運動の救済食材リストに加えられ、ここ数年で一気に息を吹き返してきた。

ラルドはラードのこと。

焼いた肉にのせたり、スープに浮かべたり、色々な料理に使い方はたくさん。

Dsc02610 Dsc02613

今日のラルド料理はラルド豆のピューレスープのせ、バケットにラルドと蜂蜜と野菜でバニーニ、トマトをのせたバケットを焼いて熱々にラルドをのせてという3種類happy01

いかがだったでしょうか?

またまた、写真がないですが。

雨の中ご参加いただき、ありがとうございました。感謝!!

明日は、ポーセラーツ教室があります。ぜひぜひ、お越しくださいませ。

« 週末のアルモンテ「夜のお食事会」はいかがですか? | トップページ | 今日はまったり♪ »

Sahoeri cafe almonte」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244068/42641789

この記事へのトラックバック一覧です: 夜のお食事会ありがとうございました^^)/ & ラルドの話:

« 週末のアルモンテ「夜のお食事会」はいかがですか? | トップページ | 今日はまったり♪ »